建築ジャーナル7月号に建築学科 講師 竹内孝治先生のコラムが掲載されました。

2019年06月28日

建築業界で権威ある雑誌「建築ジャーナル」の7月号に本学 建築学科 講師 竹内孝治先生のコラム『「林・富田邸/ハイムM1」工業化住宅のすみこなし』が掲載されました。
竹内先生は、戦前・戦後の住宅を中心とした建築について研究されています。今回は、セキスイハイムの前進である積水化学工業が住宅事業に進出を始めたユニット工法住宅『ハイムM1』を活用した建築家自邸について大変面白く考察しています。

建築ジャーナル7月号表紙