第21回『学生フォーラム』をオンラインで開催しました

2022年01月11日

令和3年12月18日(土)にオンラインにて、岡崎市内7大学の学生による研究発表会「第21回学生フォーラム」を開催いたしました。

今年のテーマは、『今だからこそできることを見つけよう、考えよう』です。本学から、2組の発表者がありました。

発表者 小池那豊さん
テーマ「岡崎市の太陽の城跡地活用に関する提案」
岡崎市QURUWAプロジェクトのコンベンション施設整備事業に関して、学生からも意見も取り入れたいという要望があり、それに伴い愛知産業大学では、3つのゼミに分かれ、それぞれゼミごとに、太陽の城跡地に建設予定であるコンベンションホールに対して提案をすることとなりました。
その跡地の現地見学、中間発表、最終的な提案に至るまでの一連の経緯とこのプロジェクトに関わり感じたことを発表しました。

発表者 スマートデザイン学科学生グループ
テーマ「岡崎の観光を助けるAI」
東海オンエアの動画を見て聖地巡礼をする人たちが増えている。ただ訪れる場所が偏ってしまっているため他の観光地へ誘導する事ができれば岡崎の魅力をより伝えることができるのではないか。また、観光案内所を利用しない観光客にも観光案内ができるような対話型AIの製作を発表しました。