デザイン学専攻 宮下浩准教授が「第20回アジア競技大会」のエンブレムをデザイン!

2020年05月14日

大学院 デザイン学専攻 准教授 宮下浩先生のデザインしたエンブレムが、「第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)」の大会エンブレムデザインに採用されました。

アジア競技大会はアジア最大のスポーツ祭典で、このエンブレムは一般公募され、全国40都道府県から応募された884点の作品の中から、大会エンブレム選定委員会(選定委員長:廣村正彰氏)による厳正な審査を経て選定されました。

宮下先生は、本学でグラフィックデザイン関連の授業を主に担当しています。
また、岡崎市の街灯フラッグや岡崎市信用金庫のディスプレイなどを学生達と協力し制作してきました!

今回は、グラフィックデザイナーとして長年活躍してきた宮下先生の実力が評価された結果となりました♪