奨学金制度

高校での評定平均値が3.0以上ある方には最大180万円(4年間)を人数無制限で給付!
スポーツ奨学金では最大280万円(4年間)の給付もあります。全て「返還不要」です。

※奨学金給付には出願時に申請が必要です。
※本ページは2021年4月1年次入学の場合となります。
※学業奨学金S・A・B・Cの給付基準「高等学校の全体の評定平均値」とは「全日制高等学校」の全体の評定平均値を指します。

学納金(2021年度初年度例)

【造形学部】 150万円(2年次以降は130万円/年)
 入学金:200,000円  授業料:800,000円  教育充実日:400,000円  実習費:100,000円

【経営学部】 129万円(2年次以降は109万円/年)
 入学金:200,000円  授業料:640,000円  教育充実費:400,000円  実習費:50,000円  

学業奨学金S

授業料50%分の奨学金を給付 高等学校の「全体の評定平均値」4.2以上の方全員が対象

  入学金 年間学納金130万円
造形学部

<建築学科>
<スマートデザイン学科>
1年目→ 20万円 納付額90万円 奨学金 40万円
2年目→ 納付額 90万円 奨学金 40万円
3年目→ 納付額 90万円 奨学金 40万円
4年目→ 納付額 90万円 奨学金 40万円
  入学金 年間学納金109万円
経営学部

<総合経営学科>
1年目→ 20万円 納付額 77万円 奨学金 32万円
2年目→ 納付額 77万円 奨学金 32万円
3年目→ 納付額 77万円 奨学金 32万円
4年目→ 納付額 77万円 奨学金 32万円
  • すべての入学試験が対象
  • 給付人数の制限なし
  • 2年次以降の継続は、出席率と取得単位数による
  • 返還不要

学業奨学金A

授業料40%分の奨学金を給付 高等学校の「全体の評定平均値」3.8以上の方全員が対象

  入学金 年間学納金130万円
造形学部

<建築学科>
<スマートデザイン学科>
1年目→ 20万円 納付額 98万円 奨学金 32万円
2年目→ 納付額 98万円 奨学金 32万円
3年目→ 納付額 98万円 奨学金 32万円
4年目→ 納付額 98万円 奨学金 32万円
  入学金 年間学納金109万円
経営学部

<総合経営学科>
1年目→ 20万円 納付額 83.4万円 奨学金 25.6万円
2年目→ 納付額 83.4万円 奨学金 25.6万円
3年目→ 納付額 83.4万円 奨学金 25.6万円
4年目→ 納付額 83.4万円 奨学金 25.6万円
  • すべての入学試験が対象
  • 給付人数の制限なし
  • 2年次以降の継続は、出席率と取得単位数による
  • 返還不要

学業奨学金B

授業料30%分の奨学金を給付 高等学校の「全体の評定平均値」3.4以上の方全員が対象

  入学金 年間学納金130万円
造形学部

<建築学科>
<スマートデザイン学科>
1年目→ 20万円 納付額 106万円 奨学金 24万円
2年目→ 納付額 106万円 奨学金 24万円
3年目→ 納付額 106万円 奨学金 24万円
4年目→ 納付額 106万円 奨学金 24万円
  入学金 年間学納金109万円
経営学部

<総合経営学科>
1年目→ 20万円 納付額 89.8万円 奨学金 19.2万円
2年目→ 納付額 89.8万円 奨学金 19.2万円
3年目→ 納付額 89.8万円 奨学金 19.2万円
4年目→ 納付額 89.8万円 奨学金 19.2万円
  • 総合型選抜3期以降の受験者は除く
  • 給付人数の制限なし
  • 2年次以降の継続は、出席率と取得単位数による
  • 返還不要

学業奨学金C

授業料20%分の奨学金を給付 高等学校の「全体の評定平均値」3.0以上の方全員が対象

  入学金 年間学納金130万円
造形学部

<建築学科>
<スマートデザイン学科>
1年目→ 20万円 納付額 114万円 奨学金 16万円
2年目→ 納付額 114万円 奨学金 16万円
3年目→ 納付額 114万円 奨学金 16万円
4年目→ 納付額 114万円 奨学金 16万円
  入学金 年間学納金109万円
経営学部

<総合経営学科>
1年目→ 20万円 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
2年目→ 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
3年目→ 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
4年目→ 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
  • 総合型選抜3期以降の受験者は除く
  • 給付人数の制限なし
  • 2年次以降の継続は、出席率と取得単位数による
  • 返還不要

スポーツ奨学金S

授業料全額分の奨学金を給付 硬式野球、アーチェリー、男子バレーボール、男子ハンドボールで特に顕著な実績を挙げた方対象【定員あり】

  入学金 年間学納金130万円
造形学部

<建築学科>
<スマートデザイン学科>
1年目→ 20万円 納付額 50万円 奨学金 80万円
2年目→ 納付額 50万円 奨学金 80万円
3年目→ 納付額 50万円 奨学金 80万円
4年目→ 納付額 50万円 奨学金 80万円
  入学金 年間学納金109万円
経営学部

<総合経営学科>
1年目→ 20万円 納付額 45万円 奨学金 64万円
2年目→ 納付額 45万円 奨学金 64万円
3年目→ 納付額 45万円 奨学金 64万円
4年目→ 納付額 45万円 奨学金 64万円
  • 総合型選抜入試が対象
  • 給付人数には定員があります
  • 2年次以降の継続は、出席率と取得単位数および部活動状況による
  • 返還不要

スポーツ奨学金A

授業料50%分の奨学金を給付 硬式野球、アーチェリー、男子バレーボール、男子ハンドボールで顕著な実績を挙げた方対象

  入学金 年間学納金130万円
造形学部

<建築学科>
<スマートデザイン学科>
1年目→ 20万円 納付額 90万円 奨学金 40万円
2年目→ 納付額 90万円 奨学金 40万円
3年目→ 納付額 90万円 奨学金 40万円
4年目→ 納付額 90万円 奨学金 40万円
  入学金 年間学納金109万円
経営学部

<総合経営学科>
1年目→ 20万円 納付額 77万円 奨学金 32万円
2年目→ 納付額 77万円 奨学金 32万円
3年目→ 納付額 77万円 奨学金 32万円
4年目→ 納付額 77万円 奨学金 32万円
  • 総合型選抜入試が対象
  • 給付人数の制限なし
  • 2年次以降の継続は、出席率と取得単位数および部活動状況による
  • 返還不要

スポーツ奨学金B

授業料20%分の奨学金を給付 硬式野球、アーチェリー、男子バレーボール、男子ハンドボールで活躍した方対象

  入学金 年間学納金130万円
造形学部

<建築学科>
<スマートデザイン学科>
1年目→ 20万円 納付額 114万円 奨学金 16万円
2年目→ 納付額 114万円 奨学金 16万円
3年目→ 納付額 114万円 奨学金 16万円
4年目→ 納付額 114万円 奨学金 16万円
  入学金 年間学納金109万円
経営学部

<総合経営学科>
1年目→ 20万円 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
2年目→ 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
3年目→ 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
4年目→ 納付額 96.2万円 奨学金 12.8万円
  • 総合型選抜入試が対象
  • 給付人数の制限なし
  • 2年次以降の継続は、出席率と取得単位数および部活動状況による
  • 返還不要

スポーツ奨学金の基準

  硬式野球部 アーチェリー部 男子バレーボール部
男子ハンドボール部
S 県大会優勝、もしくは準優勝の大会出場登録者および同等レベルの者 70mラウンド公認競技会(72射合計点)において、
男子620点以上、女子600点以上を記録している者
県大会優勝、もしくは準優勝の大会出場登録者
A 県大会ベスト16位以内の大会出場登録者 70mラウンド公認競技会(72射合計点)において、
男子580点以上、女子560点以上を記録している者
県大会ベスト16位以内の大会出場登録者
B 高校監督の推薦者 高校監督の推薦者 高校監督の推薦者

岡崎市出身奨学金

出願時に岡崎市内在住もしくは岡崎市内の高等学校を卒業予定の方には入学金が全額給付されます。[全ての入試が対象]

造形学部・経営学部 20万円

 

指定校奨学金

 

学校推薦型選抜(指定校)入試に合格し入学される方には入学金が全額給付されます。

造形学部・経営学部 20万円

その他の奨学金

安心した学生生活を送るための多彩な奨学金制度を用意しています。

学修奨励奨学金制度 学修成績が優秀な学生に授業料の10%分を給付します。(2年次以降対象)
資格取得奨励奨学金 本学が指定する資格・検定試験に合格した学生に、検定料の100%分を給付します。
経済支援奨学金 勉学に熱意があり経済的支援を必要とする学生に、学納金50%分を給付します。
学業奨学金 大学院入学を希望する方が対象。卒業もしくは卒業見込みの大学での成績に応じて給付されます。
学園奨学金 学校法人愛知産業大学の設置校に兄弟姉妹が在籍している方に入学金の100%分を給付し、親族が卒業生の方には入学金の50%分を給付します。
留学生奨学金 外国人留学生で学部入学、大学院入学を希望する方が対象。日本語能力に応じて給付される奨学金です。
学外の学費サポート制度 国の奨学金制度(日本学生支援機構)、国の教育ローン(日本政策金融公庫)、オリコ学費サポート制度があります。

 

閉じる

閉じる