第14回 建築コンペティション作品募集!!

2015年04月22日

第14回(2015年度)愛知産業大学
建築コンペティション作品募集!!
[高校生対象]

今回はテーマを3つにわけ、A部門「商店街が元気になる作戦」とB部門「建築家作品の鉛筆描きによるトレース」、C部門「手づくりの木工作品」の作品募集をいたします。詳細は2015愛知産業大学建築コンペ募集要項.pdf をご確認ください。

■ 応募資格: 中部圏(富山、石川、福井、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀)に所在する高校の生徒(個人またはグループ(2名まで))
■ 作品提出締切:平成27年8月31日(消印有効)
■ 部門の種類:

【A部門 「商店街が元気になる作戦」】
きっとみなさんの住む地域にもある、「商店街」。「シャッター通り」と言われるなど、元気がなくなってきている商店街も多くあります。少子高齢化社会のなかで、歩いて気軽に立ち寄れる、コミュニティの核としての商店街は、ぜひとも元気になってほしいものです。現在の地域の実情や、これからの未来のために、どんなお店や機能や活動が商店街にあったらよいのでしょうか?
空き店舗を改造してお店やカフェにするという計画でも、商店街で行うイベントの提案でも、商店街を便利にするための駐車場や公園の計画でも結構です。もしかしたら、地域通貨の提案や商店街の素敵な看板のデザインというのもよいかもしれません。商店街を元気にするためのアイデアであれば、とらえ方や展開の仕方は自由とします。想定する商店街は、地元でも、県外でも自由です。ぜひ、自分で足を運んで現地を見てみてください。ぜひ、歩いたときの感想などのレポートも含んでください。
〈応募図書〉
 「商店街が元気になる作戦」をテーマとした建築、インテリア、まちづくり活動などについての提案を、コンセプトや設計図として表現して下さい。
 必要図面は特に指定しません。平面図、立面図、断面図、パース、模型写真、実物写真その他必要と思われるものとし、図面に記入してください。図面の縮尺は適宜判断してください。
 A1ケント紙(841×594)、若しくは同等の厚紙1枚を「縦使い」としてまとめてください。図面はパネル化しないでください。

【B部門 「建築家作品の鉛筆描きによるトレース」】
建築家による実施作品から対象建築を選択し、鉛筆描きによるトレース作品を提出してください。図面は、平面図、立面図、断面図などを基本としますが、詳細図、パースなど積極的な取り組みや学習も評価します。図面には、建物の概要や作品データ、建築家の略歴、実作を見た感想や写真などレポート的要素を盛り込んでいただいても結構です。トレースの対象について、深く理解し、建物の特徴や臨場感が伝わる図面を評価します。対象とする建築の用途や規模は問いません。
〈応募図書〉
 A2ケント紙(横使い)2枚以内。黒鉛筆仕上げ(色鉛筆による着色は可)。 ・写真は自ら撮影したものに限る。

【C部門 「手づくりの木工作品」】
木材を用いて、木のよさを活かした作品を制作してください。木材の種類は、杉、ヒノキなど自由です。継ぎ手・仕口のサンプルモデルとして制作しても、ブックエンドや踏み台などでも構いません。金物をなるべく用いずに制作した作品を期待します。
〈応募作品〉
 木材による継手・仕口を活かした作品の実物。(段ボールなど梱包材は、返送にも使えるようご配慮ください)
 大きさ・重さ:ゆうぱっく、宅急便等による100サイズ(縦・横・高さの合計100cm以内かつ10kg以内)で発送可能なこと。※注意:梱包材の重さも勘案してください。


【お問合せ先:愛知産業大学 建築コンペティション事務局】
担当教員:竹内・宇野・矢田
E-mail:ktake@asu.ac.jp
電話:0564-48-4511
FAX:0564-48-4940