デザイン学科学生 岡崎信用金庫ウィンドディスプレイを制作!

2015年09月10日

徳川家康公憲章400年を記念した産学官共同プロジェクトとしてデザイン学科准教授 宮下浩先生を中心にデザイン学科有志学生4名が岡崎信用金庫のウィンドディスプレイを制作いたしました♪

場所は、岡崎市康生通にある岡崎信用金庫伝馬支店の入り口左右にあるウィンドディスプレイ。テーマは「関ヶ原の合戦屏風絵」家康公が狸、石田三成が狐に例えられたことからキャラクターを動物に例えて描きました。材料はシナ合板を使用し、直接バーニングペンで焼いたり、アクリルガシュで着色しています。構想は5月からスタートし、8月の1カ月を費やして制作しました。

制作した学生は「授業で扱わない道具や材料を使って制作することで、自分の作品の幅が広くなった気がします。今回の事をバネに学外の展示やコンペなどに作品を出品したいと考えています。」と語ってくれました。
12月末まで観ることができます♪

▼制作した学生
石黒翔子さん(磐田南高校出身)
大山優さん (津島北高校出身)
森美輝さん (皇学館高校出身)
安田日向子さん(日進高校出身)