総合経営学科 教授 須賀周平先生の最終講義

2017年09月26日

 2017年9月15日(金)に総合経営学科 教授 須賀周平先生の最終講義が行われました。
 須賀先生は、2017年度前期授業をもちまして、定年退職されることとなりました。経済学を専門に、東海産業短期大学時代から本学の教壇に立ち、数多くの学生の教育に力を注いで来ました。
 最終講義では、企業の技術的ショックはGDPが上がり、失業率が下がるなどのRBC理論についてお話し、「今後は皆さんが人々の将来について予想を立てる番です!」と総合経営学科の学生に語り、講義を終了しました。