デザイン学科2年生 内藤朱音さんが岡崎市市政だよりの表紙をデザインしました!

2018年05月09日

内藤朱音さん

昨年度、岡崎市から依頼を受け岡崎市市政だより4月1日号の表紙を、デザイン学科2年生の内藤朱音さんがデザインしました。平成30年度は、2月に1回、本学の学生が制作した表紙で発行される予定です。
4月1日号の表紙を担当した内藤朱音さんをご紹介します。

岡崎市市政だより4月1日号

Q,内藤さんは高校生の時はは、どんな生徒でしたか?
内藤さん:どちらかと言うと運動やイベント好きなクラスでも目立つタイプだったと思います。
Q,そんな活発な内藤さんが愛知産業大学を受験したきっかけは何?
内藤さん:自宅の浜松から通える範囲で、デザインが勉強できる大学で探していて、愛産大をみつけました!

Q、内藤さんは、4月1日発行の岡崎市市政だよりの表紙のデザインを担当されていますが、採用までの経緯を教えてください。
内藤さん:1年生の時に宮下先生から「3年生(現在4年生)の先輩達がこういうのやってるんだよ」と市政だよりを見せてもらう機会がありました。その時に「よかったらやってみない?」と誘われたました。将来は、雑誌の編集や企画のお仕事をやりたいと考えているので、面白そうだし勉強になると思いやってみることにしました。
しかし、実際にやってみると大学の課題とは違い、4月1日発行号という新年度最初の春を飾る表紙を制作するのに前の年の秋頃に構想を練ってスケッチを描き完成させました。

Q,自分の作品が表紙になった時の感想を教えてください。
内藤さん:素直にうれしいです。おじいちゃんやおばあちゃんがすごく喜んでくれました♪教職の先生の林達明先生に「見たよ」と言われた時もうれしかったです!

Q,さて、そんな内藤さんは愛知産業大学をどんな大学だと思いますか?
内藤さん:市政だよりもそうですが、地域とのつながりのある大学だと思います。
市政だよりや岡崎市商店街のフラッグ、道の駅のお土産のパッケージなど、地域とつながったものづくりを学べる大学です。

Q,では、今の内藤さんの目標を教えてください!
内藤さん:実は、昨年に先輩から大学祭の原山祭実行委員長に指名されました。とても責任のある役目を務めなければいけません。
今年、11月3日(土)・4日(日)の大学祭を成功させることが一番の目標です。

Q,内藤さん原山祭実行委員長がんばってください!!応援しています!!
内藤さん:はい!学生の皆さん、是非応援してください!よろしくお願いします!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デザイン学科 2年生
内藤 朱音さん(ナイトウ アカネ)のプロフィール
出身:静岡県浜松市出身
出身高校:浜松湖北高等学校
血液型:O型
星座:てんびん座
趣味・すきなこと:バスケ