経営学部 総合経営学科

語学、歴史、経済、法律、スポーツなど幅広い教養科目、共通科目を設けて社会人に必要な素養を身につけます。さらに、会計や組織運営、マーケティングといったビジネス的発想の思考力を養成し、複雑多様化するビジネスの世界で活躍できる人材を育成します。

経営学科の様子1

経営学科の様子2

経営学科の様子3

経営学科の様子4

経営学科の様子5

経営学科の様子6

目次

経営の基礎と3つの専門フィールド

目標とする資格・検定

学科紹介スペシャルムービー

年次別開講科目

カリキュラムと履修モデル

 □戦略経営履修モデル

 □スポーツ&アスリート履修モデル

 □国際と地域履修モデル

PICK UP!

目指す職種

 

経営の基礎と3つの専門フィールド

 

経営の基礎

ヒット商品等がもたらす利益について学ぶ会計的発想、経営者がどのようなリーダーシップを発揮しているのかといった組織運営的発想、人気商品が成功している原因を探るマーケティング発想などを中心に学習します。

戦略経営フィールド

企業の経営を研究し、組織運営の手法を学びます。マーケティングや広告、経理・会計などの専門知識を深めることも可能です。

スポーツ&アスリートフィールド

競技者自身と、それをサポートする人材が必要とするフィットネスの理論やコーチング、さらにはチームマネジメントなどを学びます。

国際と地域フィールド

地域社会で活躍する公務員やビジネスマンを目指すために、行政や法律に関する知識を習得し、一方で国際ビジネスに必要な海外文化やコミュニケーションを学びます。

目標とする資格・検定

  • ビジネス能力検定
  • 経営士
  • 中小企業診断士
  • 販売士
  • POP広告クリエイター
  • 簿記検定
  • コンビュータ会計能力検定
  • 公認会計士
  • 税理士
  • ビジネス実務法務検定
  • 司法書士
  • 銀行業務検定
  • 証券アドバイザー
  • スポーツリーダー
  • アシスタントマネージャー
  • 社会保険労務士
  • FP技能士
  • PC検定
  • ITパスポート
  • TOEIC
  • 通関士 など
  • 高等学校教諭一種免許状 [商業|公民] 

学科紹介スペシャルムービー

年次別開講科目

●:必修科目 ○:選択必修 ★:自由科目 ※留学生対象 ◇:教職専門科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
教養科目 ● スタディスキル
● 情報リテラシー
プレゼンテーションツール
心理学
哲学
数学と社会
統計学
文章表現基本
文章表現応用
○ 日本語中級 ※
○ 日本語上級 ※
○ 現代日本の文化研究 ※
○ 英語コミュニケーションA
○ 英語コミュニケーションB
スポーツA
スポーツB
デジタルデザイン表現
法学(日本国憲法)
社会学
経済学
日本の歴史
○ 英語コミュニケーションC
フランス語
健康・運動の科学
● キャリアデザインⅠ
● キャリアデザインⅡ
倫理学
現代文化論
地球環境と社会
中国語A
中国語B
 
共通科目 コミュニケーションスケッチ
世界の美術
地域クリエイション基礎
三河のまちづくりと観光
産業クリエイション基礎
三河のものづくり
マーケティングと広告
色彩学
アート表現演習
人間工学と感性
福祉社会のクリエイション
日本の産業
都市と移動手段のデザイン
インターンシップ
地域クリエイションワーク
未来産業ワーク
市場創成ワーク
 
専門科目 ● 経営の基礎Ⅰ
● 経営の基礎Ⅱ
● 現代生活と会計
● 経営と流行
● 簿記Ⅰ
経営と情報
企業とCSR
異文化理解
日本の経営文化
法学概論
スポーツ科学概論
スポーツ経営管理論
体力とトレーニング
● 専門ゼミナールⅠ
● 専門ゼミナールⅡ
● 経営管理論
● 経営戦略論
● マーケティング論
● 経営組織論
簿記Ⅱ
戦略と流通
IoT 社会
コンピュータ会計
経営財務
ショップ経営論
財務会計論
地域産業論
国際社会論
経済学概論
労働法
企業法
スポーツ指導論
スポーツビジネスと
マーケティング
個人スポーツ演習
球技スポーツ演習

● 専門ゼミナールⅢ
● 専門ゼミナールⅣ
● 現代マネジメント講義Ⅰ
● 現代マネジメント講義Ⅱ
● 戦略思考Ⅰ
● 戦略思考Ⅱ
ベンチャー論
企業データ分析と活用
経営とソーシャルメディア
企業とダイバーシティ
金融リテラシー
ヒット商品企画論
貿易論
国際経営と戦略
社会学概論
国際関係法
行政法
経営心理学
国際金融論
トレーニング演習
スポーツチーム経営論
スポーツ社会学

● 卒業研究Ⅰ
● 卒業研究Ⅱ
行政政策
比較思想論
政治学
国際経済論
★ 職業指導
教職専門
教育科目
 教育原理
 教職論
 教育行政
 教育心理学
 特別支援教育
 教育方法論
 特別活動論
 生徒指導論
 教育相談
 公民科教育法Ⅰ
 商業科教育法Ⅰ
 事前事後指導
 教育実習
 教職実践演習
 公民科教育法Ⅱ
 商業科教育法Ⅱ

註1:上記は平成31年度より改正予定の授業科目の一覧であり、変更になる場合があります。

3年次編入学の方は平成30年度までのカリキュラムでの受け入れになります。開講科目一覧はこちら(約610KB)PDFファイル

カリキュラムと履修モデル

就業を見据えた実践教育
総合経営学科の卒業生の進路は、メーカー、卸売、小売、サービス、金融、公務員などと幅広いです。本学は「就業できる大学」を目指し、「経営学の知識を享受される」だけではなく、「経営学の知識をいかに活用できるか」に焦点化した教育へと転換を図り、さらに実社会で活躍する経営者から直に話を聞く講義を必修化するなど、卒業後にどのような進路を選んでも役に立つ経営実践教育を行います。
「ビジネス思考」をコアとした教育
世の中にある有名商品がどのように作られ消費者の購買意欲を引き出しているのか、あるいは普段よく目にしているお店がどのように運営され多くの客を呼び寄せているのかなどを題材として取り上げながら、社会で役立つビジネス思考を身に付けていきます。とりわけ、ビジネス思考として、ヒット商品を作っている会社はどのくらいの利益を出しているのかといった会計的発想、名の知れた有名経営者が会社の中でどのようなリーダーシップを発揮しているのかといった組織運営的発想、世の中の多くの人が使っている人気商品が成功している原因を探るといったマーケティング的発想などを中心として学習していきます。
コアに加えて、企業を取り巻く様々な利害関係者とのやり取りに注目した戦略経営プログラム、スポーツ組織のチーム作りや競技者のトレーニングに注目したスポーツ&アスリートプログラム、経営体の活動範囲としての国際化や地域密着化に注目した国際と地域プログラムを、プラスαのプログラムとしています。総合経営学科の専門科目を学ぶとき、または大学卒業後社会人として生活しているとき、直接的あるいは間接的に必要となるのが教養科目・共通科目です。このため、総合経営学科では、教養科目・共通科目を幅広く履修することを推奨しています。
 

 

履修モデル 戦略経営 スポーツ&アスリート 国際と地域
育成する人材像
(何ができるようになる)
利益や損失につながる仕組みについて理解し、分析できる人、人気の商品やショップがどのような企業戦略のもとに生み出されてきたのかを理解し、応用できる人 会社組織の成功や失敗、スポーツチームの勝ち負けについて、その運営に関わる多角的観点から理解し、活用できる人 海外取引きを通して社会に貢献できる人、地域社会を元気にすることができる人
資格
(取得できる資格、目指す資格)
ビジネス能力検定、経営士、中小企業診断士、販売士、POP広告クリエイター、簿記検定、コンピュータ会計能力検定、公認会計士、税理士、銀行業務検定、証券アドバイザー
スポーツリーダー、アシスタントマネージャー、レクリエーション・インストラクター、
初級障がい者スポーツ指導員、幼児体育指導者、健康管理士一般指導員、健康運動実践指導者、健康運動指導士
ビジネス実務法務検定、司法書士、社会保険労務士、FP技能士、TOEIC、通関士、
仕事
(職種・業種・働き方など)
一般企業(企画、広報、経理・財務、営業)、教員 スポーツ振興団体、各種協会・連盟、スポーツクラブ、教員 一般企業(営業)、公務員、教員(商業・公民)

 

戦略経営履修モデル

 [戦略経営履修モデル]=経営の基礎[コア]+戦略経営フィールド

  領域 Keyword 到達度モデル
教養 基本的なコミュニケーション力、 論理的思考及び情報活用能力 大学生活 充実した大学生活を送るために必要な知識と技能を概ね理解している。
課題解決と主体的対応能力 現代社会のあらゆる局面で必要不可欠となっている情報関係の知識・技能の基本を概ね理解している。
情報関係 コミュニケーション力を育成するために必要な知識・技能の基本を概ね理解している。
教養 コミュニケーション 国際的視野と伝統文化への関心を持ち、人間、社会や自然に関する思考や判断力を育むために必要な知識を概ね理解している。
キャリア 思考・判断力 キャリア形成をするために必要な知識・技能を含み、諸課題に主体的に対処できる能力の基本を概ね理解している。
共通 総合的(建築・スマートデザイン・経営)な視点で物事を捉え、思考して行動できる。 能動的学習 能動的学習を行うために必要な知識・技術を理解し、その知識・技術を使うことができる。
論理的思考 物事の因果関係を整理し、その因子を順序だてて考える手法を理解し、使うことができる。
広い視点・専門性の融合 学科を超えてより広い視野から、かつ専門性の融合による知識と技能について理解している。
専門科目 会計 企業会計の仕組み 企業グループの会計業務(実務・流れ・ルール)の仕組みについて理解している。
損益計算 企業の財務諸表を読み取ることができ、説明することができる。
戦略・マーケティング・組織 戦略とマーケティング 戦略とマーケティングの理論的知識を用い、成功組織の要因について説明することができる。
組織づくり 組織づくりに関する組織構造と管理原則について理解している。
人の管理 リーダーシップのモチベーションに関する基本的事項を理解している。
ビジネスの仕組み 業界理解 各業界を構成する代表的企業について理解している。
ビジネスモデル 人気の商品やショップが成功している理由についてその個別要素を挙げ、説明することができる。

 

 

スポーツ&アスリート履修モデル

 [スポーツ&アスリート履修モデル]=経営の基礎[コア]+スポーツ&アスリートフィールド

 

  領域 Keyword 到達度モデル
教養 基本的なコミュニケーション力、 論理的思考及び情報活用能力 大学生活 充実した大学生活を送るために必要な知識と技能を概ね理解している。
課題解決と主体的対応能力 現代社会のあらゆる局面で必要不可欠となっている情報関係の知識・技能の基本を概ね理解している。
情報関係 コミュニケーション力を育成するために必要な知識・技能の基本を概ね理解している。
教養 コミュニケーション 国際的視野と伝統文化への関心を持ち、人間、社会や自然に関する思考や判断力を育むために必要な知識を概ね理解している。
キャリア 思考・判断力 キャリア形成をするために必要な知識・技能を含み、諸課題に主体的に対処できる能力の基本を概ね理解している。
共通 総合的(建築・スマートデザイン・経営)な視点で物事を捉え、思考して行動できる。 能動的学習 能動的学習を行うために必要な知識・技術を理解し、その知識・技術を使うことができる。
論理的思考 物事の因果関係を整理し、その因子を順序だてて考える手法を理解し、使うことができる。
広い視点・専門性の融合 学科を超えてより広い視野から、かつ専門性の融合による知識と技能について理解している。
専門科目 会計 企業会計の仕組み 一企業の会計業務(実務・流れ・ルール)の基本的事項を理解している。
損益計算 企業の貸借対照表および損益計算書を読み取ることができる。
戦略・マーケティング・組織 戦略とマーケティング 競争戦略とマーケティングの4Pについて理解し、説明することができる。
組織づくり トップダウン型組織とボトムアップ型組織のメリット・デメリットについて説明することができる。
人の管理 効果的なリーダーシップのあり方とモチベーション管理法について説明することができる。
ビジネスの仕組み 業界理解 各業界を構成する代表的企業について理解している。
ビジネスモデル 人気の商品やショップが成功している理由についてその個別要素を挙げ、説明することができる。
 

 

国際と地域履修モデル

 

 

 [国際と地域履修モデル]=経営の基礎[コア]+国際と地域フィールド

  領域 Keyword 到達度モデル
教養 基本的なコミュニケーション力、 論理的思考及び情報活用能力 大学生活 充実した大学生活を送るために必要な知識と技能を概ね理解している。
課題解決と主体的対応能力 現代社会のあらゆる局面で必要不可欠となっている情報関係の知識・技能の基本を概ね理解している。
情報関係 コミュニケーション力を育成するために必要な知識・技能の基本を概ね理解している。
教養 コミュニケーション 国際的視野と伝統文化への関心を持ち、人間、社会や自然に関する思考や判断力を育むために必要な知識を身につけ、表現することができる。
キャリア 思考・判断力 キャリア形成をするために必要な知識・技能を含み、諸課題に主体的に対処できる能力の基本を概ね理解している。
共通 総合的(建築・スマートデザイン・経営)な視点で物事を捉え、思考して行動できる。 能動的学習 能動的学習を行うために必要な知識・技術を理解し、その知識・技術を使うことができる。
論理的思考 物事の因果関係を整理し、その因子を順序だてて考える手法を理解し、使うことができる。
広い視点・専門性の融合 学科を超えてより広い視野から、かつ専門性の融合による知識と技能について理解している。
専門科目 会計 企業会計の仕組み 一企業の会計業務(実務・流れ・ルール)の基本的事項を理解している。
損益計算 企業の貸借対照表および損益計算書を読み取ることができる。
戦略・マーケティング・組織 戦略とマーケティング 競争戦略とマーケティングの4Pについて理解し、説明することができる。
組織づくり 組織づくりに関する組織構造と管理原則について理解している。
人の管理 リーダーシップのモチベーションに関する基本的事項を理解している。
ビジネスの仕組み 業界理解 各業界を構成する企業の業界内ポジションについて把握し、その理由を説明することができる。
ビジネスモデル 人気の商品やショップが成功している理由について、ビジネスモデル的観点から理解し、説明することができる。

 

 

 

 

 

PICK UP!

現代マネジメント講義

現代マネジメント講義 地域の経営者やリーダーをゲストスピーカーに招き、実践的経営を学びます。

金融リテラシー

金融リテラシー 人生を自分らしく幸せに送るための「お金の知恵」を修得し、人生設計力を身につけます。

経営戦略論

経営戦略論 経営戦略フレームワークの変遷、現代的経営戦略の課題などを事例を取り入ればがら学びます。

公務員対策講座

公務員対策講座 公務員志望者のための特別講座です。無料で開講しています。

スポーツチーム経営論

スポーツチーム経営論 チームマネジメントなどを学びます(写真は担当の建部先生)。

その他 特徴的な授業

  • 経営管理論
  • 戦略思考Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツビジネスとマーケティング

めざす職種

経営者や公務員にはじまり、国際的な仕事まで活躍の可能性を広げます。

  • 企業の経営者
  • 管理者
  • 起業家
  • 企画営業
  • マーケッター
  • 広報・IR担当
  • 経理担当
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 地方公務員
  • スポーツインストラクター
  • 証券アナリスト
  • 旅行代理店営業
  • 通訳
  • ジャーナリスト など

 

 

閉じる

閉じる