新型コロナウイルス感染症に対する本学の対応について【第8報-2】

愛知産業大学 愛知産業大学短期大学
学長 堀越哲美

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、本学は基本方針を定め、以下の通り対応いたします。本学の教育研究活動が制限されることは残念ですが、学生、教職員はじめ関係者の健康と安全を第一とし、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する措置ですので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。 以下は、現時点での対応および方針であり、今後の状況変化により変更の可能性があります。現在も情報は変化していますので、必ず最新情報をご確認ください。
なお、通信教育部については、通教オンラインでお知らせします。

 

愛知産業大学の学生寮における新型コロナウイルス感染者の発生について【2020年8月7日追記】

令和2年8月7日(金)、本学学生3名の新型コロナウイルス感染が判明いたしました。
判明した事実は、以下の通りですが、本学では、学生及び関係者への配慮と個人情報保護のため、氏名等は公表いたしませんので、ご理解をお願いいたします。
学生の1日も早い回復をお祈りするとともに、感染した学生、学生のご家族、学生の友人へのご配慮をお願いいたします。

詳細はこちらをご覧ください。

 

 






Ⅰ.8月の態勢

本学の8月の態勢は、7月の態勢を維持することといたします。
国及び愛知県の緊急事態宣言の解除を受け、休業措置を解除し、政府の「基本的対処方針」に基づき、感染拡大防止のため、密閉、密集、密接の「三つの密」(以下、「三密」という。)を徹底的に回避するとともに、「人と人の距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策に最大限の配慮を行った上で、学生が学ぶことができる環境を構築しています。 なお、「三密」回避レベルは、7月に引き続き、8月は50%程度以上とします。なお、今後の状況変化により変更の可能性がありますので、必ず最新情報をご確認ください。また、8月は土・日曜日に加え、8月10日(月)~8月17日(月)を休校日としています。 


 

  1. 学生
    • 三密の回避、基本的な感染対策に行ったうえで、本学キャンパスへ入構可能とします。
  2. 教職員
    • 三密の回避、基本的な感染対策を行ったうえで、本学キャンパスへ入構可能とします。ローテーション勤務、時差出勤等により、接触を低減する取組を行い、引き続き在宅勤務を推進します。

       

 






Ⅱ.基本方針

第二波のに備え、、引き続き感染拡大防止のため最大限の対応を行うとともに、情報収集に努め、体調管理を徹底することとします。また、感染された方や海外からの帰国した方が不当な扱いを受けないよう、プライバシーには最大限の配慮をいたします。

 

  1. 感染症の拡大防止に向けた対応に基づき、体調管理・健康観察を行うようお願いします。特に風邪の症状や37℃を超える発熱が続く場合、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合など、感染の可能性がある方は本学への登校(出勤)は控えてください。
  2. 海外から帰国した学生・教職員は、当局の指示事項を順守し、入国後14日間の自宅等待機を行ってください。また、学生は自宅等で待機する旨を学生課へ必ず連絡してください。
  3. 新型コロナウイルス感染症と診断された場合、学生については登校停止、教職員については就業禁止とします。学生は学生課へ必ず連絡してください。教職員は所属の長へ連絡をしてください。療養後は主治医による「治癒し、他への感染のおそれがない」旨の診断書を提出してください。確認の上、登校(出勤)が可能となります。
  4. 大学運営に関する会議は可能な限りオンライン上で行うこととし、やむを得ず開催する場合は、三密を回避し、以下の考えられる対策を行った上で開催します。
    (対策例)
    • ・体調不良者は出席しないよう通知する
    • ・出席者にはマスク着用を依頼する
    • ・可能な限り、マスク非着用者にマスクを配付する
    • ・手洗いを励行し、可能な限り会場入口に消毒液を設置して利用を依頼する
    • ・咳がひどいなど体調不良の出席者は退席させる
    • ・欠席者には必要に応じて個別対応を検討する
  5. 本学以外が主催する上記以外の行事等については、主催者の判断及び主催者が発信する情報に従い適切な対応をしてください。
    (対策例)
    • ・体調が悪い場合は参加しない
    • ・参加する場合は可能な限りマスクを着用する
    • ・手洗いを励行し、会場に消毒液が設置されている場合は適切に利用する
    • ・途中、体調が悪くなった場合は中途退席する





Ⅲ.授業、学修支援

【前期(春学期)授業】

  1. 8月1日以降に実施する集中講義、補修等は、担当職員の指示に従ってください。
  2. 授業、試験及び成績評価に関する情報は、愛産UNIPAにて通知しますので必ずご確認ください。
  3. 遠隔授業のサポートのため、科目担当者の指示により、任意登校の補習を行う場合があります。
  4. キャンパスへの入構制限は解除していますので、休校日を除き教室、実習室、図書館は利用可能です。
  5. 今後の状況変化に応じて変更する場合は、愛産UNIPAおよび本学ホームページにてお知らせしますので定期的にご確認ください。

【後期(秋学期)授業】
後期(秋学期)のガイダンス及び授業に関しては、感染状況を確認した上で9月中旬に発表する予定です。愛産UNIPAおよび本学ホームページにてお知らせしますので定期的にご確認ください

【学修支援】

  1. 科目に関することは、愛産UNIPAで科目担当教員へ問い合わせてください。
  2. 学修全般に関することはメール等で担任教員へ問い合わせてください。
  3. 履修登録、教職課程に関することはメール等で教務課へ問い合わせてください。
  4. 図書館において、休校日を除き最大1週間までのパソコンの貸し出しを行っていますのでご利用ください。

【就職活動支援】
8月1日以降も休校日を除き、キャリア支援課窓口でのサポートを行います。遠隔でのサポートも継続し、就職活動支援はE-mail、電話、ビデオ会議システムも活用します。
本学が主催するセミナー、説明会等は段階的に実施する予定で、日程等は愛産UNIPAでお知らせします。
企業訪問や会社説明会など、学外で就職活動を行う場合は、本学の基本方針に従い、症状を有する場合は参加しないなど適切な行動をしてください。また、企業や説明会主催者が発表する情報収集を行い、開催情報を確認した上で行動してください

【図書館】
8月1日以降も休校日を除き、9:00から17:00まで開館します。パソコン、タブレット等の貸出業務は通常通り行います。
最大1週間までのパソコンの貸し出しを行っていますのでご利用ください

 

 






Ⅳ.経済支援

【学納金納入・経済支援】
本学では国や日本学生支援機構が行う制度の申請支援、および本学独自の制度を行っています。支援を必要とする場合は、事務局へご相談ください。
専用のページを作りましたので、そちらをご参照ください。

  1. 日本学生支援機構の「貸与型奨学金制度」(学生課)
  2. 高等教育の「修学支援新制度」(学生課)
  3. 新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて「家計が急変」した学生への支援(学生課)
  4. 愛知産業大学の「学納金の分納・延納」の手続き(総務課)
    (以下の支援は申し込みを終了しました)
  5. 学びの継続のための「学生支援緊急給付金」
  6. 愛知産業大学の「経済支援奨学金制度」

【日本学生支援機構奨学金、修学支援新制度の申請支援】
8月1日以降も休校日を除き、学生課窓口で受け付けます。遠隔でのサポートも継続し、書類作成支援、提出はE-mailおよび郵送で行います。






Ⅴ.学生生活

【事務窓口】
8月1日以降も休校日を除き、事務窓口は平日9:00から17:00まで通常業務を行います。 時差出勤・在宅勤務等により、通常通りに対応できない場合がありますので、お急ぎの場合は事前連絡により確認をお願いいたします。

【スクールバスの運行】
8月1日以降も休校日を除き、臨時ダイヤで運行します。乗車人数の制限を行う場合がありますので、時間に余裕をもって登校して下さい。
スクールバス時刻表(https://www.asu.ac.jp/life/bus/)

【学生食堂・売店の営業】

8月中は、学生食堂、売店とも休業いたします。
 
【課外活動・サークル活動】
8月1日以降、学内・学外を問わず活動可能とします。
但し、所属する団体の規定や指示に従い、感染拡大防止策を徹底してください。

 

【生活における留意事項】

  1. 生活全般においても、三密(密閉、密集、密接)は可能な限り回避するよう心掛けてください。
  2. 混雑が予想される地域への旅行やイベントへの参加等はなるべく控えてください。
  3. 飲食を伴う集会、ライブハウス、カラオケ、ジムなどの利用等はなるべく控えてください。
  4. 不特定多数が集うセミナー・研究会・説明会・スポーツ・文化活動への参加等はなるべく控えてください。

【証明書発行】
8月1日以降、休校日を除き教務課・学生課の窓口で受け付けます。従来通り、申し込みの翌営業日に発行します。当日発行を希望する場合は、事前連絡をお願いいたします。郵送での申し込みも受け付けます。着信日の翌営業日に発送しますが、余裕をもって申し込んでください。
(参考)本学ホームページ HOME > 大学生活 > 学生生活サポート > 各種証明書について

 






Ⅵ.海外からの帰国、海外渡航

【海外から帰国する学生】

  1. 海外から帰国した場合、帰国日から2週間は自宅待機をしてください
  2. 海外から帰国し、帰国日から2週間以内に発熱や呼吸器症状(以下、「症状」という。)があるときは、他の人との接触を避け、マスクを着用し、速やかに最寄りの「帰国者・接触者相談センター」に電話相談してください。
  3. 海外から帰国し、帰国日から2週間を超えて症状がないときは、自宅待機を要しません。

【海外渡航を予定する学生】
原則、海外へ渡航しないでください。






Ⅶ.相談窓口

【相談窓口】

  1. 学修支援に関すること 教務課 kyomu@asu.ac.jp
  2. 学生生活支援に関すること 学生課  gaku@asu.ac.jp
  3. 日本学生支援機構の奨学金に関すること 学生課  gaku@asu.ac.jp
  4. 心の問題に関すること 学生相談室 soudanshitsu@asu.ac.jp
  5. 就職活動に関すること キャリア支援課 career@asu.ac.jp
  6. 授業料等の学納金に関すること 総務課  jim@asu.ac.jp
  7. 本学の経済支援制度に関すること 総務課  jim@asu.ac.jp





Ⅷ.過去の掲載情報

第七報はこちら
https://www.asu.ac.jp/news_20200501/

第六報はこちら
https://www.asu.ac.jp/news_20200417/

第五報はこちら
https://www.asu.ac.jp/news_20200410/

第四報はこちら
https://www.asu.ac.jp/news_20200406/

第三報はこちら
https://www.asu.ac.jp/news_20200320/

第二報はこちら
https://www.asu.ac.jp/news_20200305/

第一報はこちら
https://www.asu.ac.jp/news_20200227/