沿革

ASUとはAichi Sangyo Universityの頭文字だけではありません。愛知産業大学グループそのものを表し、 さらには「明日(ASU)を夢見る」想いを託した、大切なコトバです。昭和23年に教育事業を開始して以来、一貫して、社会で夢を実現できる人材育成に力を注いでいます。

コンテンツ用フィーチャーエリア

 

学校法人 愛知産業大学のあゆみ

1948.3 財団法人常懐学園を設立し、愛知女子工芸高等学校を開校
1951.3 組織変更により学校法人常懐学園を設立
1961.4 愛知女子工芸高等学校を愛知工芸高等学校に校名変更
1962.4 愛知工芸高等学校を東海工業高等学校に校名変更
1970.4 名古屋市天白区にて、島田幼稚園を開園
1978.4 名古屋市瑞穂区にて、名古屋法経情報専門学校を開校
1978.10 岡崎市岡町原山12所在(岡崎学舎)の土地約58万平方メートルを、大学、及び附属高校新設を目的とした学園用地として確保
1983.4 岡崎学舎にて、三河高等学校を開校
1984.4 法人名を学校法人常懐学園から学校法人愛知水野学園に変更
1986.4 岡崎学舎にて、東海産業短期大学を開学(1号館)
設置学科<経営学科(経営専攻・情報専攻)/英語科>〔男女共学〕
1988.4 東海産業短期大学、産能短期大学との単位互換協定を締結
1990.4 岡崎学舎にて、図書館・情報センター(2号館)が完成
1992.4 岡崎学舎にて、愛知産業大学を開学(3号館)
設置学部 <造形学部 産業デザイン学科/建築学科>
1992.6 東海産業短期大学、東海地域の短期大学で初めての放送大学との単位互換協定を締結
1992.10 岡崎学舎にて、恒誠館、国際研修会館、屋内温水プールが完成
1993.4 名古屋市熱田区にて、名古屋法経情報専門学校金山校を開校
1994.4 東海産業短期大学、東海地方で初めて通信教育部を開設
設置学科<経営学科/英語科>
1995.4 岡崎学舎にて、愛知産業大学三河中学校を開校
三河高等学校を愛知産業大学三河高等学校に校名変更
1996.4 愛知産業大学、全国で初めてデザイン系4年制通信教育部を開設
設置学科<産業デザイン学科>
1997.4 東海産業短期大学を愛知産業大学短期大学に校名変更
岡崎学舎にて、愛知産業大学経済文化専門学校、三河歯科衛生専門学校を開校
1999.4 岡崎学舎にて、4号館完成
名古屋市瑞穂区にて、名古屋美容専門学校を開校
2000.4 愛知産業大学に経営学部経営学科を開設
2001.4 東海工業高等学校を愛知産業大学工業高等学校に校名変更
名古屋法経情報専門学校を名古屋法律経済専門学校に校名変更
2002.4 愛知産業大学に留学生別科を開設
2003.4 法人名を学校法人愛知水野学園から学校法人愛知産業大学に変更
2004.4 愛知産業大学に経営学部経営環境学科を開設
造形学部産業デザイン学科を造形学部デザイン学科に名称を変更
2004.10 岡崎学舎にて、コミュニティ・ホール完成
2005.3 岡崎学舎にて、スチューデント・スクエア完成
2005.4 愛知産業大学に大学院(造形学研究科建築学専攻)を開設
経営学部経営学科を経営学部ビジネスマネジメント学科に名称を変更
2006.4 愛知産業大学通信教育部に造形学部建築学科を開設
愛知産業大学短期大学を改組し、国際コミュニケーション学科を開設
2007.4 愛知産業大学大学院に造形学研究科デザイン学専攻を開設
2009.4 経営学部の2学科を統合し、経営学部総合経営学科を開設
2009.4 名古屋法律経済専門学校をELICビジネス&公務員専門学校に校名変更
2010.4 名古屋市熱田区にて、名古屋ブライダルビューティー専門学校を開校
2012.1 岡崎学舎にて、言語・情報共育センター(PLASU)完成
2013.2 岡崎学舎にて、アーチェリー場完成