通信教育部

学びたい意欲ある社会人のための通信教育。

コンテンツ用フィーチャーエリア

 

通信教育部 造形学部・短期大学

通信教育の特徴は、住んでいる地域や年齢を問わず大学教育が受けられること。一般社会人や主婦、専門学校生などさまざまな年齢・職業の方々に学習の機会を提供する通信教育は、まさに社会に開かれた教育制度と言うことができます。

通信教育部 造形学部・短期大学

通信教育課程は、文部科学省の認可を受けた正規の教育課程です。したがって、卒業すれば通学課程と同じ大学卒業の学歴(学士の学位)と資格を得ることができます。通信教育課程の科目には、自宅で学べる「通信授業科目」と、土・日曜日を中心に年12日ほど大学キャンパスまたは大学の指定する会場で授業を受ける「スクーリング(面接授業)」の2種類があります。

この2種類の方法で履修することにより卒業に必要な所定単位を取得します。

通信教育部 造形学部・短期大学の特徴

学士取得、免許・資格取得も可能

英語教員免許 中学2種、などを取得することができます。

コース選択制

学びたい内容や目的に沿って、希望のコースを選択することができます。

名古屋、東京のスクーリング教室を設置

本学のほかアクセスの良い場所でスクーリングや試験を受けることができます。

きめ細かい学習指導

自由に参加できるオープン教室(学習会)を、本学またはスクーリング教室で開催しています。
教員に直接質問をしながら学習を進められます。

詳細情報は通信教育部サイトに掲載しています