「ユーラフェスティバル知立大会」 学生ボランティアが活躍!!

2015年08月05日

8月2日(日)に知立市商工会館にて開催された豊安工業株式会社主催「ユーラフェスティバル-知立大会-」にて、本学 大野幾生招聘教授をはじめとして学生8名・院生1名・卒業生1名がボランティアとして参加し、大会の審判員&サポーターとしてイベントを支え盛り上げました。

ユーラフェスティバルとは大野幾生招聘教授が考案した遊びで、廃材を使ってどれだけ長く揺らすことが出来るかを競う競技!豊安工業株式会社は、開催するのは3回目。ユーラフェスティバルを通じて「地域貢献」と「廃材やリサイクルについて考えてもらう機会」を目的として開催をしました。

知立市・刈谷市・安城市の中日新聞の折り込みチラシで参加者を募集したところ、抽選で決まった53組の家族が大会にエントリーしました。大会当日に2組の家族が欠場となり、51組の家族で競いあいました。

参加した学生は「ユーラフェスティバルをはじめて知りました。先輩に教えてもらいながら何とかルールも理解できて、次の機会があれば大会に出場したいです。」と話していました。

▼参加した学生・院生
 ■ デザイン学科
  ○ 3年生
    朝倉小都美さん
  ○ 2年生
    武藤翔平さん
    小辰俊介さん
    石黒翔子さん
    大山優さん
    内山詩織さん
    橋本千夏さん
    渡辺千晴さん
 ■ 大学院 デザイン学専攻
  ○ 1年生
    杉山慎二さん