SD研修会 講演「教学マネジメントにおける 専門職員の育成と教職協働のあり方」を開催

2017年10月09日

SD研修会とは、教職員を対象とし、教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取組と当該大学の教育研究活動等の適切かつ効果的な運営を図るため,その職員に必要な知識及び技能を習得させ、並びにその能力及び資質を向上させるための研修会です。

2017年9月11日(木)に、学校法人金沢工業大学 常任理事で財務部長の徳田守氏をお招きし、SD研修会 講演「教学マネジメントにおける 専門職員の育成と教職協働のあり方」を開催した。

徳田氏は、金沢工業大学の「建学の精神」から学校法人の沿革・構成、キャンパスや就職内定率について紹介があり、教職協働の取り組みについて話した。
開学当初「学生一人ひとりの個性を輝かせ、一人前の社会人にすること」を目標に「教育付加価値日本一」を目指す取り組みと位置づけ、現在まで継承していると語った。