【平成28年度春】 大学院 建築学専攻

2015年06月01日

【平成27年度春学期入学】 大学院 造形学研究科・建築学専攻

■募集専攻及び募集人員
10名

■出願資格
本学大学院に出願できる者は、次のいずれかに該当するものとします。
 (1)学校教育法第83条に定める大学の卒業者及び平成27年3月に卒業見込みの者
 (2)学校教育法第104条第4項の規定により、大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者
   及び平成27年3月までに学士の学位を授与される見込みの者
 (3)外国における学校教育において16年の課程を修了した者及び平成27年3月までに修了見込みの者
 (4)文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
 (5)大学に3年以上在学し、本大学院が、所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めた者  注)※1
 (6)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了
   したとされる者に限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設
   であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成27年度3月までに修了
   見込みの者
 (7)本学大学院が個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
   注)※1
 (8)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教
   育における16年の課程を修了した者及び平成26年3月までに修了見込みの者
 (9)学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者であって、本大学院が大学院における教
   育を受けるにふさわしい学力がある認めた者
 (10)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)
  で文部科学大臣が別に指定する者を文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成26年3月までに
  修了見込みの者

 ※1 出願資格(5)(7)により出願する者は、入学願書の提出に先立って、入学資格審査を受ける必要があります。
  詳細は【こちら】よりご確認ください。

■入試日程
 【平成28年度春学期 Ⅰ期】(4月入学)
 <出願期間> 平成27年7月17日(金)~24日(金)・当日消印有効
 <選考日> 平成27年8月1日(土)
 <合格発表> 平成27年8月9日(日)
 <入学手続締切日> 平成27年8月22日(土)

 【平成28年度春学期 Ⅱ期】(4月入学)
 <出願期間> 平成27年10月28日(水)~11月4日(水)・当日消印有効
 <選考日> 平成27年11月14日(土)
 <合格発表> 平成27年11月27日(金)
 <入学手続締切日> 平成27年12月25日(金)

 【平成28年度春学期 Ⅲ期】(4月入学)
 <出願期間>平成28年1月20日(水)~1月27日(水)・当日消印有効
 <選考日> 平成28年1月30日(土)
 <合格発表> 平成28年2月10日(水)
 <入学手続締切日> 平成28年2月28日(日)

 【平成28年度春学期 Ⅳ期】(4月入学)
 <出願期間>平成28年2月3日(水)~2月22日(月)・当日消印有効
 <選考日> 平成28年3月2日(水)
 <合格発表> 平成28年3月11日(金)
 <入学手続締切日> 平成28年3月21日(月)

 ※試験会場はいずれの場合も、愛知産業大学です。
 ※合否の結果は本人宛に合否結果通知書を送付します
  (合格者発表についての電話による問い合わせには応じません)。

■選考方法
 【推薦入学選考】
  <一般学生選考> 成績が特に優秀で、明確な目標を持ち、自己推薦ができる者
  <社会人選考> 社会人で、研究意欲が旺盛で明確な目標を持ち、自己推薦ができる者
  <留学生選考> 出願資格(3)で受験する者
 ■選考方法
  1)出願書類  2)面接     ※面接時に自己アピールできる作品や論文等があれば持参すること

 【一般選考】
 ■選考方法
  1)出願書類  2)面接  3)基礎科目(60分):英語 辞書持ち込み可(電子辞書を含む)
  4)専門科目(60分):第1志望研究領域の2問題(必須)およびそれ以外の任意の1問題(選択)の計3問を回答します
  5)小論文(60分)

■出願手続
 <1>出願書類
 【全受験者共通】
  ◆入学志願票 ◇写真票・受験票
     所定の用紙に必要事項を記入したもの。(注)写真は出願前3ヶ月以内のものを使用すること。
  ◆志願理由・研究計画書
     所定の用紙に必要事項を記入したもの。
  ◆卒業証明書(卒業見込証明書)
     出願資格にかかる出身教育機関において学校等の長が作成したもの。
     中国大陸の大学出身者は、卒業証書とその公証書、学位認定証明書を併せて提出すること。
     (注)日本語以外の言語で記載されている場合には日本語訳を添付すること。
  ◆成績証明書
     出願資格にかかる出身教育機関において学校等の長が作成したもの。
     中国大陸の大学出身者は、その成績証明書と公証書も合わせて提出すること。
     (注)日本語以外の言語で記載されている場合には日本語訳を添付すること。
  ◆健康診断書
     所定の用紙を使用し、出願前3ヶ月以内に医師が診断し、作成したもの。

 【一般学生選考または社会人選考で受験する者】
  ◆自己推薦書
     所定の用紙を使用し、出願者自身が記入したもの。

 【出願資格(2)で受験する者】
  ◆学士の学位授与証明書(写)又は学士の学位授与申請予定証明書(写)
     大学評価・学位授与機構が発行したもの。または、在籍する教育機関の長が発行したもの。

 【入学資格審査で合格となった者】
  ◆入学資格審査結果通知書
     本学より送付した通知書をコピーしたもの。

 【出願資格に拘らず外国籍の者】
  ◆外国人登録証明書
     市区町村の発行したもの。
  ◆外国人留学生履歴書
     所定の用紙を使用し、初等教育からの学歴・職歴等を記入したもの。
 
 <2>入学検定料
 35,000円
 金融機関(窓口のみ)で振込みをしてください。(「写真票」に取扱銀行収納印を受けてください。)

 <3>受験票の交付
 出願書類等を持参し、書類等が受理された場合には、受験票に受験番号を記入の上、その場で交付します。また、郵送出願した者には、郵送により交付します。

 <4>身体に障がいを有する者の出願
 本学大学院に入学を志願する者で、身体に障がい(学校教育法施行令第22条の3に定める身体障がいの程度)がある者は、受験上及び修学上特別な配慮を必要とすることがありますので、それぞれの出願期間の開始日までに、本学大学院入試広報課へ申し出てください。

 <5>その他注意事項
 ア)出願書類の不備なものは受理しません。
 イ)出願書類等の提出後、返還及び記入事項の変更は認めません。
 ウ)既納の入学検定料は返還しません。
 エ)出願書類等に虚偽の記入があったことが判明した場合は、入学後でも入学を取り消すことがあります。
 オ)不合格になった者は、その後実施する入試日程に出願することができます。その場合、改めて出願手続きをしてください。
 カ)出願の際提出された健康診断書によって、就学の適否が判定困難な場合には、再検査を指示することがあります。再検査が必要な者には、文書で連絡します。
【 2016年度<平成28年度>【大学院】入学試験要項 】