『建築設計優秀展』と記念講演会 吉村靖孝氏「建築のアドホシズム」を開催!

2017年04月10日

 2017年4月4日(火)から9日(日)に、金山にある名古屋都市センター11階まちづくり広場にて、建築学科主催『建築設計優秀展』を開催いたしました。
 4月9日(日)の最終日には、建築家 吉村靖孝氏をお招きし、記念講演会も開催されました。
 吉村氏は「建築のアドホシズム」をテーマに、工場で作り上げる建築「プレハブ」とは反対の言葉「ポストハブ」や、現場で作り上げることをテーマに「アドホックな建築とは何か」について、吉村氏の設計した建物を例に上げながらお話ししました。
 参加した建築学科の学生は「本当に新しい建築と言うイメージを受けました。建築家が造るという感じではなく、使う人ユーザーが空間を作るという考え方が新しかった。」と話していました。