健康管理について

 

 

健康診断

学校保健安全法に基づき全学生を対象に健康診断を実施しています。健康診断は、健康の保持増進を目的とします。単なる疾病や異常の発見のみではなく、各自の健康状態を把握し、必要な保健指導を行います。健康診断結果の配付や健康診断結果に異常が認められた場合は、学生課から連絡します。

また、本学の健康診断を受けた学生は、有効期限内(受診日より3ヵ月)に限り、就職活動等で活用できる「健康診断書」を学生課経由で受け取ることができます。

 

 

学生教育研究災害傷害保険

本学では、入学と同時に4年間、学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)と学研災付帯賠償責任保険(略称:学研災付帯賠責)に一括加入します。

「学研災」は、授業中・学校行事中・課外活動中・これらに伴う通学中等の事故によって、学生が身体に被った傷害に対して適用される保険です。 また、「学研災付帯賠責」は、授業中・学校行事中・課外活動中に学生が他人にケガをさせたり、他人の者を壊したりしたことにより法律上の損害賠償責任(対人・対物)を負担することにより被る損害に対して適用される保険です。
いずれの保険も、学生生活を送るうえで重要な役割を果たします。

詳細は、『学生教育研究災害傷害保険加入者のしおり』及び『学研災付帯賠償責任保険加入者のしおり』を参照してください。もしも学生生活で事故が発生した場合は、学生課に報告し、指示を仰いでください。

 

 

遠隔地被保険者証

自宅外通学の学生は、思わぬケガや病気にそなえて、 健康保険証の代わりになる「遠隔地被保険者証」を親元より取り寄せてください。学生課で「在学証明書」の交付を受け、扶養者の勤 務先または市区町村役場に提出すると交付されます。

 

 

保険室(体の具合が悪いとき、ケガをしたとき)

授業中や課外活動中等に急に気分が悪くなったり、ケガをした時は、保健室で応急処置が受けられます。
保健室を利用する場合は学生課へ連絡してください。

 

 

喫煙

本学の建物は全館禁煙です。
たばこは必ず、指定の喫煙場所*で吸うようにしてください。特に歩行中の喫煙やたばこの投げ捨ては絶対にしないでください。言うまでもありませんが、未成年者の喫煙は禁止です。

*指定の喫煙場所・・・1、2号館間の建物(2階)、4号館・1階出入り口横、恒誠館(体育館)1階の屋外喫煙テラス、クラブハウス棟喫煙場所

 

 

大学内での飲酒

世代間・組織間・男女間の交流を深め、人間関係の円滑化を図る手段として、「お酒を酌み交わす」と言う方法があります。この方法は社会でも広く活用され、個々のコミュニケーション能力の醸成や組織の雰囲気や意思疎通の変化に効果が出ています。

学生が大学キャンパス内で社会に貢献できる人材となるために役立つであろう経験を積むことにつながるとの考えから大学内で飲酒を許可制で認めています。大学内で飲酒する場合は次のルール&マナーを守りましょう。

[法律で禁止されていること]

  • 未成年者は飲酒をしない
  • 未成年者に飲酒をさせない
  • 飲酒をしたら、自動車・二輪車・自転車を運転しない
  • 飲酒をしたら、自動車・二輪車・自転車を運転させない

[相手に対するルール&マナー(ハラスメント)]

  • 無理に飲酒させない
  • 一気飲ませはしない
  • 意図的な酔いつぶしをしない
  • 飲めない人への配慮を欠くことをしない
  • 酔ったうえでの迷惑行為をしない

[自分に対するルール&マナー]

  • ほろ酔い程度で切り上げる
  • 自分の適量を知る、自分の適量を守る
  • 飲めない人は断る、飲めない時は断る
  • 無理な飲酒しない
  • 一気飲みはしない

[大学生として行うべきこと]

  • 大学生として責任ある行動を行うこと
  • 他者に迷惑のかかる行為をしないこと
  • 大学に損害を与える行為をしないこと
  • 終了後は適切な後片付けを行うこと
  • トラブルが発生した場合は速やかに大学に報告すること