警報・地震等による緊急時の対応について

 

 

警報に伴う授業の取扱い

台風等により、「特別警報・暴風警報」が発令された場合、授業・試験の有無については次の基準となります。対象区域は岡崎市です。

[授業・試験の取り扱い]

  1. 午前7時現在、発令中の場合、午前の授業を休講とする。
  2. 午前7時から授業開始前までに発令された場合、午前の授業を休講とする。
  3. 午前7時から午前11時までに解除された場合、午後の授業は通常通り実施する。
  4. 午前11時現在、発令中の場合、午後の授業を休講とする。
  5. 授業等の開始後に発令された場合、授業等を中止し以後は休講とする。

 

 

地震の際の行動

[大学構内で地震が発生した場合]

  1. 避難場所で待機する(学校指定の場所)。
  2. 身体障害者・ケガをした学生の救助に協力し避難する。
  3. 学生の安否確認のため避難誘導をしている教職員に氏名・学籍番号を申し出る。
  4. 父母への連絡は各自で行うこと(災害伝言ダイヤル「171」等を利用する)。
  5. 火災発生時の初期消火に協力する。
  6. 負傷者への応急措置に協力する。
  7. 帰宅する場合は教職員に申し出てから公共交通機関を利用すること。
  8. マイカーでの移動は極力避けること。

[大学以外で地震が発生した場合]

  1. 下宿生は父母に安否を連絡する(災害用伝言ダイヤル「171」等を利用する)。
  2. 自宅・下宿先が倒壊したら「○○にいる」と張り紙をして無事であることを知らせる。 
  3. 大学に安否を連絡すること。

 

 

災害時における防災備蓄品

災害発生時の帰宅困難者に対する防災備蓄品を備蓄しています。
入学時諸経費により購入した防災備蓄品は、大学内に保管するとともに、卒業までに災害がなく備蓄品を使用しなかった場合または、離籍時に返却しています。

 

 

東海地震に関する情報

「東海地震に関連する情報」には、異常の発生状況に応じ、「東海地震予知情報」、「東海地震注意情報」、「東海地震に関連する調査情報」の3種類があります。
また、各情報について、その情報が意味する状況の危険度を表わす指標として赤・黄・青の「カラーレベル」で示します。

[東海地震予知情報(赤)]

東海地震が発生するおそれがあると認められ、内閣総理大臣から「警戒宣言」が発せられた場合に発表される情報です。

  • バス・・・付近の安全なところまで走行し、運行は中止される。
  • 鉄道・・・最寄りの安全な駅に停車し、運行は中止される。
  • 道路・・・ 避難路及び緊急輸送路確保のため交通規制がされる。

[大学にいる時に発令された場合]

  1. 教職員の指示に従い安全な場所に避難すること。
  2. 避難者の名前等を確認し名簿を作成するので協力すること。
  3. 帰宅が困難な学生は本学において保護する。

[東海地震注意情報(黄)]

観測された現象が東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合に発表される情報です。

  1. 学内外で課外活動を行っている場合や登下校中は、直ちに中止し、速やかに帰宅すること。
  2. 火気の使用を直ちに中止すること。
  3. 授業・試験・行事などは直ちに打ち切りとする。当日予定されている授業・試験・行事などは中止または延期する。
  4. 中止された授業・試験・行事については愛産UNIPA等により指示する。
  5. 発表された日から地震防災対策強化地域判定会が「地震による災害発生の恐れはない」と発表して解散した日まで、あるいは「警戒宣言」が解除された日までの間、休講とする。

[東海地震に関連する調査情報(青)]

観測データに通常とは異なる変化が観測された場合に発表される情報です。