造形学部 建築学科

「どういう建築が人に使いやすいのか」を学びの原点とし、設計課題を通じて、建築を発想し、その発想を形にし、計画としてまとめ、最後には設計としてつくりあげたものを説明するスキルを修得します。

建築学科の様子1

建築学科の様子2

建築学科の様子3

建築学科の様子4

建築学科の様子5

建築学科の様子6

選べる9種類の履修モデル

木造・住宅コース

1 木造建築

新しい時代の木造建築士として活躍するための知識と技術を磨きます。

2 住宅建築

日本の建築技術を継承しながら、新しい住宅文化を創造できるプロを目指します。

インテリアコース

3 住宅インテリア

現代人のライフスタイルに合わせた、新しい考え方の住空間について学びます。

4 商業インテリア

店舗やオフィスなど、商業空間を魅力的にデザインする方法を学びます。

建築コース

5 建築設計

造形の美しさと技術を融合させた建築の設計・デザインについて学びます。

6 構造設計

講義や実験を通じて安全性と快適性を兼ね備えた建築空間について学びます。

7 環境設備設計

照明や空調などの設計に加え、省エネ対策や緑化などをテーマに学びます。

8 建設産業

建築物の構造や材料、施工方法などを学び、施工管理のエキスパートを目指します。

9 建設行政

地域の歴史や景観、人々の生活を考えた「まちづくり」や「まち育て」を学びます。

目標とする資格・検定

  • 一・ニ級建築士
  • 木造建築士
  • 宅地建物取引士
  • 福祉住環境コーディネーター検定
  • インテリアプランナー
  • インテリアコーディネーター
  • キッチンスペシャリスト
  • カラーコーディネーター検定
  • 商業施設士 など
  • 高等学校教諭一種免許状 [工業]

学科紹介スペシャルムービー

カリキュラム一覧

●:必修科目 ○:選択必修科目 ★:開放科目 「」:前期と後期の2回開講科目 ※留学生用科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
教養科目 基礎 ●基礎ゼミナールI・II
●スタディスキルI・II
     
キャリア ●キャリアデザインI・II キャリアデザインIII・IV キャリアデザインV・VI  
コンピュータ ●コンピュータ基礎I・II      
自然科学 ○「基礎数学」
○数学
統計学
自然科学概論
   
人文・社会科学 「経済学」
「哲学」
「心理学」
「倫理学」
「法学(日本国憲法)」
「社会学」
歴史学
現代文化論
文学
語学 ○「基礎日本語」
○「日本語中級」※
○「日本語上級」※
○文章表現
○「基礎英語」
○総合英語I
総合英語II
英語表現I・II 中国語I・II
フランス語
ハングル
スポーツ スポーツI・II
「健康・運動の科学」
スポーツIII    
共通科目     三河ものつくり学C
地域実習
 
専門科目 コア科目 ●建築造形I・II
●建築学概論
日本建築史
●建築構法学
●住宅計画
●構造力学I
●専門ゼミナールI・II
●建築設計製図I・II
●建築CAD I
●建築計画学
●環境工学I
●建築材料学
●専門ゼミナールIII・IV
●建築法規
●建築施工学
●建築設備
●卒業研究I・II
建築コース 建築設計 図学 建築CAD II 建築設計製図III・IV
建築CG I・II
★西洋建築史
海外建築実習
建築意匠学
日本建築実習
 
構造設計   構造力学II
鉄骨構造
RC構造
建築構造実験
構造計画学
構造解析
測量学
環境設備設計   ★ランドスケープ
環境工学II
建築環境実験  
建設産業     ★宅地建物管理 建築経済学
建設行政   都市計画学 都市計画法 ★まちづくり論
木造・住宅コース 木造建築   木質構造 木造住宅設計I・II  
住宅建築   ★住文化論
★福祉住環境学
  住宅生産管理
★住宅産業論
インテリアコース 住宅インテリア ★インテリア計画論 ★住空間デザイン論 インテリア設計I・II ★インテリア空間演出論
商業インテリア   ★商空間デザイン論   ★商業施設計画
自由科目       職業指導
教職課程
専門科目
教職論
教育原理
教育心理学
教育行政
教育方法論
生徒指導論
(進路指導を含む)
特別活動論
(教育課程の意義及び編成の方法を含む)
教育相談
道徳教育指導論
工業化教育法I
事前・事後指導
教育実習I
工業科教育法II
教職実践演習
2年生から始まる
9種類の履修モデル
■木造建築 ■住宅建築 ■住宅インテリア ■商業インテリア
■建築設計 ■構造設計 ■環境設備設計 ■建設産業 ■建設行政

PICK UP!

建築造形I・II

建築造形I・II

初めて建築を学ぶ学生が、建築をデザインすることに興味が沸き、自発的、創造的にデザインに取り組んでいくことができるように、やさしく、楽しい「模型づくり」の演習を中心に進めていきます。はじめに、スチレンボードを用いた模型づくりの基礎的テクニックを習得していきます。幾何学立体→住宅へと展開する模型制作課題を通じて、基礎的な建築造形の理解から複合的でバランスの良い空間デザインへと段階的に学習します。

校舎トイレ改修工事

校舎トイレ改修工事

本学2号館1階のトイレの改修を学生がプランニングから施工まで参加し、実施しました。大学内の土を使い、左官職人とともに仕上げました。その場所の素材を使いながら、世界の様々な仕上げを試みています。様々な国の土壁の技術を使ったトイレ「学生がつくる土のトイレ」として「第10回日本漆喰協会賞」を受賞しました。

木造住宅設計I・II

木造住宅設計I・II

3年次からスタートする木造住宅専門の科目です。木造住宅設計に求められる図面技法、および構造・工法について学びます。実際に木造模型を製作し、素材を体感するとともに加工技術についての理解を深めていきます。

住空間デザイン論

住空間デザイン論

この科目で学ぶのは、建築していく技術ではありません。日常生活における住居をあらためて考え、居住空間に必要とされる要素を学びます。まう必要なのは住空間機能の理解。そこから生活に必要なモノの把握、それぞれに適したデザインスタイルや色彩の基礎、基本寸法などを学んでいきます。簡単な住宅のプランニングもしていきます。

商業施設計画

商業施設計画

商店街・大型店舗とそれに伴うサービス施設に関する講義です。はじめに、商店街・大型商業施設の計画上の要素とその構成についての理解を図り、次に、施設計画の事例をもとに土地利用計画・施設計画を学びます。 また施設全体に対する個別店舗・施設の役割と評価要素を学び、最後に地域に対する商業施設の及ぼす影響を知り、地域計画・街づくりに対する影響を共に議論していきます。

めざす職種

建築だけにとどまらず、インテリア、まちづくりなど多くの分野での可能性を広げます

  • 建築士
  • 住宅メーカー営業職・技術職
  • 大工・職人
  • 建築士
  • 施工管理技士
  • エクステリアプランナー
  • 家具デザイナー
  • インテリアデザイナー
  • 照明デザイナー
  • CADオペレーター
  • ゼネコン・メーカー技術開発者
  • 公務員
  • まちづくりコーディネーター など

 

閉じる

閉じる