デザイン学科

社会で活かせる”デザイン”を学ぶ。
「どのようなデザインが人の心に響くのか」を学びの原点に、さまざまな制作課題を通して、デザインを発想し、デザインを形にでき、デザインをまとめ、デザイン伝えることができるスキルを修得し、人の生活を豊かにし、社会に活かせるデザイナーの育成を目指します。

コンテンツ用フィーチャーエリア

 

ASUのデザイン学

440x323px

デザインとは、よりよい暮らしを、それを支えるものの“かたちづくり”を通じて提案することです。 そのためには、人の在り方(心身の関係・人と人・人ともの・人と環境との関わり)を深く洞察し、問題を発見し、そして解決する道を具体化する能力が必要となります。

デザイン学科は、その能力をはじめから狭い専門領域に限定しないで、デザイン基礎力(感性・観察力・構想力・表現力)の訓練と教養教育によって養成し、デ ザイン全体の幅広い可能性を学びながら高度な専門性を付ける履修モデル科目を選択することによって高めて行くことができます。

13の履修モデルと 専門ゼミナールによる少人数教育によって、学生一人ひとりの個性を伸ばしながら、グループ課題、産学のプロジェクト課題、インターン シップを通じて、協調性やコミュニケーション能力と同時に社会へ対応し未来を提案するデザインのできる人材の育成を目指しています。

社会に貢献できるデザイナーを育成

さまざまな地元企業との「産官学連携」、社会を肌で感じる「インターンシップ」、第一線のデザイナーを招いて行われる「講演会」などを通じ、社会と関わり ながらデザイン活動を進めていきます。美術大学・芸術大学でなく、「産業大学」に設置されたデザイン学科として、実社会で活躍できる人材を育成します。

「考える力」と「具現化する力」を重視

デザインにとって重要なのは「考える力」です。そして考えたことを目に見える“かたち”にする「具現化する力」があってはじめてデザインされたものができあがります。豊富な科目と様々な教育手法や設備によって、実社会で必要な能力を身につけます。

デザイン学科からのメッセージ

大学は将来をデザインする場です。

デザインは特別なものではなく、私たちの生活の全てにおいて必要となるものです。身の回りにある物、見たり聞いたりするモノ、移動したり働いたりするこ と、人間の活動のあらゆることに“適切なデザイン”が必要となります。では、“適切なデザイン”とは何かといえば、決して美しさや技術の高さを競うことで はありません。

今の時代、つまり今の人々が精神的にも肉体的にも豊かに生きることができるように、産業が生み出すモノやコトを整えることなのです。とはいっても、すぐに“整える”ことができるわけではありません。デザイン学科では、“整える”やり方の基本となることから始めて、コースとしてそれぞれ対 象となる産業別の対応方法を学んで行きます。

でも、もっと大切なことがあります。デザインは「意匠」と翻訳されますが、この「意」を正しく持てる人材を育てることが、私たちの望みです。
あなたの将来をどうデザインするか、ということも含めて、一緒に考えて行きましょう。

教員一覧

 
名前 職位・役職 研究分野
宇井 朗浩 教授・デザイン学科長 映像論,映像制作、キャリアデザイン
荒川 寧 教授 彫刻(塑造、テラコッタ、鋳造、FRP)
佐藤 延男 教授 プロダクトデザイン教育の研究、及びコンピュータ利用のデザイン支援研究
佐々木 尚孝 教授・デザイン学専攻長 デザイン分野へのコンピュータ利用研究
諸江 哲男 教授 英語学、言語学
木村 光 教授 デザイン (プロダクトデザイン、インダストリアルデザイン、立体構成、立体造形)
伊藤 庸一郎 教授 機械学習
平宮 正志 准教授 教育カウンセリング
宮下 浩 准教授 グラフィックデザイン
岩田 政巳 准教授 平面及び立体作品制作、造形基礎教育
林 羊歯代 准教授 イタリア美術史、工芸史
杉山 奈生子 准教授 近世フランス美学・美術史学
松浦 主税 講師 岩絵具を使った絵画制作
森 理恵 講師 インテリアデザイン、プロダクトデザイン

学びの内容や特徴などは受験生サイトでご確認ください。