建築学科

人と環境を社会の視点で捉えた建築を学ぶ
「どういう建築が人に使いやすいのか」を学びの原点とし、設計課題を通じて、建築を発想し、その発想を形にし、計画としてまとめ、最後には設計としてつくりあげたものを説明するスキルを修得します。

コンテンツ用フィーチャーエリア

 

ASUの建築学

 

ASUの建築学

建築・都市を取り巻く世界では、さまざまな人が活躍しています。
デザイナー、プランナー、施工技術者、設備エンジニア、建築職人、行政職員、営業マン、コンサルタント、造園家、材料開発者、保存修復家など、まさに大勢 のプロたちの知識・技術・経験が重なり合って、ひとりの暮らしから、社会全体の生活までの舞台が創り出されていくのです。
建築学科では、こうした広い裾野を視野に、木造・住宅コース、インテリアコース、建築コースの3コース9履修モデルを用意して、自分に合った仕事を追い求 めていきます。建築・都市・環境のすべてを社会的視野でとらえた「社会造形」を考えることによって、一人ひとりの未来をデザインしていきます。          

ひとや建築や都市に熱い目をむける<関心>教育

大学で建築を学び、建築を一生の仕事として社会で活躍するためには、社会から喜ばれる知識と信頼される人柄を身につけることが必要です。そのためには、何 よりもひとや建築や都市が<好き>であることが重要です。建築や都市に愛情をもち、豊かな夢を抱くことができるよう、連続建築講演会、公開講 義、実習旅行、建築コンペティションなど、講義以外にも多様なプログラムを用意しています。

ものづくりや実習を通して身体で学ぶ<体験>教育

ものづくりや実習を通した教育プログラムも建築学科の大きな特徴です。実際に自分の手を使って模型を制作することで、「つくる」ことの本質的な意味を理解していきます。また、実験や実習の科目を通して、建築や都市の空間・構造を身体感覚として理解していきます。

    

社会との結びつきの中で建築を学ぶ<職業>教育

建築学科がめざす「社会造形」とは、社会倫理の中で認められ、誰にも喜ばれる造形のこと。この「社会造形」を具現化する能力をもった職業人を育てるため、 産官学の連携のもと、地域との交流を通じた「開かれた建築学科」の中での職業教育によって、一人ひとりが社会で活躍できる職能を見つけます。

建築学科からのメッセージ

    

“夢”を形にするための、提案力と実践力を育成します。

人々が建築や都市に託した“夢”に応え、もっと大きな“夢”、本物の“夢”を提案すること、それが21世紀の建築家や都市プランナーに求められています。高齢化、少子化、国際化、情報化といった時代潮流の渦巻く中で迎えた21世紀は、20世紀の大量生産・大量消費・大量廃棄という社会体制の有効性と限界・課題を真剣に反省し、地球環境の有限性を強く意識しつつ、新しい社会造形の在り方を根底から考え直す時代です。困難ですが、チャレンジできる時代でもあります。
建築学科では、建築や都市の学術・技術・芸術の錬磨に加え、明日のため本物の“夢”としての建築や都市を描ける提案力と実践力を身につけるため、皆が一緒に学び続けています。

建築学科からのメッセージ

学びの内容や特徴などは受験生サイトでご確認ください。